データの復旧

悩む外国人男性

情報通信が発達した、IT社会において、必要な不可欠なパソコン。
このパソコンは非常に便利なものであるが、故障などのトラブル少なくない。
特に多いと思われるのが、HDD(ハードディスク)の障害である。
OSを起動するために必要であり、何よりユーザーの大切なデータが入っている場所である。
故障した場合、修理が必要となり、最悪、パソコン交換などの事態になる。
一概に年数が原因でないところが厄介なところである。
パソコンの修理に出した場合、HDDの交換などにより、復旧するケースもある。
再びインターネットなど楽しむことができることになるが、HDDの交換の場合、運が悪く、データは元にもどらないケースが多い。
その時のユーザーのショックは計り知れない。

こうしたデータが消滅ということから回避したいところであるが、方法はいくつか存在する。まずは外付けハードディスクである。
最近は大容量のものでも比較的安価で手に入ることができる。これは外付けHDDをUSBケーブルでパソコン本体につなげるだけなので、あまりパソコンに詳しくない人でも簡単にできる。
ここに定期的にデータをコピーするだけでいい。また、外付けHDD自体のトラブルもゼロとはいえないので、外付けハードディスクにRAIDがくまれている商品も販売されている。
これを購入するのも一つの方法といえる。他にはDVDなどへの媒体へのデータバックアップである。
媒体のため、強い衝撃などが無い限りは、破損することも少なく、場所もとらない。この方法も比較的簡単な方法で、データをコピーできる。
いずれにしても、大事なデータを常日頃、バックアップしておくよう心掛けたい。